カートを見る

武将別グッズ
その他のページ

開店時間:11:00〜18:00(季節で変動有)
は休業日です。休業日の配送業務はお休みさせて頂いております。
 


大きな地図で表示

■資料


・第2回三成検定(問題)
・第2回三成検定(解答)
・第1回三成検定(問題)
・第1回三成検定(解答)
・石田三成足跡巡VOL2
・石田三成足跡巡VOL1
・佐和山城
・国宝四城 (表紙)
 ◆姫路城
 ◆彦根城
 ◆犬山城
 ◆松本城
・『佐和山城跡』1941刊
・さこみつ電車フォトコン
・絵巻その二:アルバム09
・絵巻その一:アルバム

第4回石田三成検定
              ■第4回石田三成検定結果発表                 

 第四回検定の点数順に五大老、五奉行を拝命致す
   五大老筆頭  大路かおり殿  89点 +(前回加点+17.6点)=総合1位
   五大老     とと殿  89点 +(前回加点+17.2点)=総合2位
   五大老    ゆかりの殿  88点 +(前回加点+16.2点)=総合3位
   五大老     小石田三成殿  86点 +(前回加点+17点)=総合4位
   五大老     小夜殿  85点  総合6位
   五奉行    やまねこ喜祐殿  82点  総合8位
   五奉行     くま殿  81点  総合9位  
   五奉行    宇佐美公司殿  77点  総合11位
   五奉行    えるまき殿  77点 +(前回加点+16.6点)=総合5位
   五奉行    浪江功子殿  77点  総合12位  

※前回受検者には前回点数×20%を加点、今回点数と合わせて総合得点とします。
  総合得点順に俸禄(オリジナルグッズ)を差し上げます。
≪三成検定五大老・五奉行≫は戦國丸店頭での木札掲示!!(この知行は一年更新とします。)

 
  • 実施 平成25年11月23日(土祝)
  • 会場 彦根市商工会議所4階 会議室(彦根市本町 〒郵便局となり)
  •      
  • 受験受付 12:00  試験開始 13:00
  •      
  • 14:00〜14:10 休憩
  • 14:10〜14:20 検定講評
  • 14:30  終了
    〜お申し込み方法〜
    ※件名:石田三成検定申込
     1.受験者の氏名  2.氏名ふりがな  3.家臣団名(HN,PN可、無くても構いません)  4.住所  5.電話番号  6.メールアドレス  7.弁当予約の有無
     以上ご明記のうえ、お問い合わせフォームよりメール(もしくはFAX:0749-27-5058)にて、お申し込みください。
    • 検定試験問題は三択100問、各1点 100点満点
    • 制限時間は60分 
    • 80点以上合格
    • 受験料 1000円(当日お支払い)
    • 持ち物 筆記用具(鉛筆・消しゴム)
    • お申込み締切 11月20日(水) 定員200名
    • 特製・石田三成弁当【要予約】 お茶付き・1000円(別途)
      ※今年は会場が商工会議所に変更となります。お弁当をご予約される方は11月20日までにお申し込みください。

    • ☆当日ご来場いただいた方への特典☆

    • 「彦根キャンドルナイト」で使用している、佐和山麓の仙琳寺の竹林で採った竹でつくった「竹キャンドルホルダー」をプレゼントいたします。
       
?   〜〜過去問はこちらから閲覧いただけます〜〜
     第一回検定問題(pdf)   第一回解答(pdf)
     第二回検定問題(pdf)   第二回解答(pdf)
     第三回検定問題(pdf)   第三回解答(pdf)
  • 主催 第4回石田三成検定実行委員会
  • 監修 オンライン三成会
  • 協力 清凉寺 / 佐和山城研究会 / LLPひこね街の駅 /花しょうぶ通り商店街(振)
  • 公式ガイドブック サンライズ出版 オンライン三成会編『三成伝説』
    • 参加賞:第4回石田三成検定参加特別グッズ
    • 合格賞:合格記念証・戦國丸お買物年間10%引き ほか
    • 検定制覇賞:『知行下賜状』を個人にお渡しし、Web掲載などで公開し栄誉を称えます。


      当日午前中に、佐和山城本丸跡にて第12回近江中世城跡琵琶湖一周のろし駅伝が行われます。(午前10時ごろ発煙予定)
       三成検定受検者には、同日開催のひこね甲冑祭2013】でご利用いただける
      甲冑手形を配布いたします。(開催四日前までに郵送いたします)彦根城無料登城券+各種サービス特典付き!
    • (甲冑フェスタの詳細はリンク先をご参照ください。
 

  •  慶長五年(1600)日本は真っ二つに割れました。豊臣秀吉亡き後、専横を極める家康は天下を窺い、それに従って多くの者が豊臣から徳川に鞍替えしました。「保身」と「利」のためです。この家康の野望を阻止し、豊臣家を守ろうとしたのが佐和山城主石田三成。数と力では家康と比較になりませんが、大一大万大吉の旗を掲げ敢えて起ちました。そんな三成と共に立ち上がったのが嶋左近、大谷吉継、真田昌幸・幸村・・・。彼らは利よりも「筋」を通す道を選びました。今回、己の信じるもののために天下分け目の決戦に臨んだ男達や佐和山城を中心とした近江湖東地域の伝承問題を中心とする『石田三成検定』を開催します。
    当日は「近江中世城跡 琵琶湖一周のろし駅伝』『四番町スクエア ひこね甲冑フェスタ』も同時開催され、佐和山城址だけでなく近江湖東地域一帯は戦国ロマンで繋がれ燃え上がります!






  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
 

商品カテゴリー